スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パパさん ありがとう!

2/25にワンちゃん仲間から 悲しい連絡がきました。
昨日、クッキーパパが亡くなられた‥と。

アンとパピにもすぐに伝え、手を合わせました。

池の公園のワンちゃん仲間のパパさん。
クッキ―くんというプードルの男の子の飼い主さん。
とても人間的に温かく前向きで尊敬出来る感じのパパさんでした。
そしてクッキーくんをとても大事にされてました 。


何よりも、不思議な人
わんこを惹き付ける力がすごいあったの。


パパさんが公園にくると
遠い姿の位置でも わんこたちはパパさんをめがけて一目さんに駆け寄ってく。
私たち飼い主より発見が早い!
パパさんはみんなにお菓子を平等に分け与えてくれる。

わんこを飼ってる方ならわかりますよね。
わんこって けっこうかしこい、人が思う以上にデリケートな一面を持ってる。


よくわからなかったり、馴れてない人からや 好きじゃない人からはお菓子を口にしないわんこって以外に多いですよね。


でも このパパさんにかかるとあら?不思議!
パパがきたー!! ってわんこがいっせいに走り出す。もちろん 我が家のあんぱぴもね。


自然体で無理強いをしない温かさ、そんな姿勢がとても心地良かったのは わんこにも通じていたのかもしれないね。


パパさんの闘病生活は公園の仲間は知ってる方も多かったと思います。


抗がん剤治療、入退院の繰返しでどんどん痩せていったパパさん。
誰もが もう病状にはあまり触れられなくなっていたと思います。


退院の合間にクッキーくんのお散歩で公園に来ている姿が元気そうだと なんだか嬉しくなる。
元気がなさそうだとなんだか気になる。


パパさん今日は元気そうね!  元気な姿を見つけて声をかけたりもした。

そう、もっと元気になって欲しいから、そして病気も治って欲しかったから。


心底では なんだか 別れが近い寂しい気がした。 でも そうなって欲しくなかった。


再入院する前だったか・・パパさんがクッキーくんを連れずに 公園に1人できたことをわんこ仲間に聞いたことがありました。


クッキーくんを連れて公園に帰ってくる日を待ってました。 奇跡が起こるのを信じたかった。

パパさんのこと、池の公園の多くの仲間も待っていたと思います。


そして 闘病生活辛かったことも、十分がんばっていた事も。


クッキーくんも パパさんがいっぱいがんばっていたことを きっとわかっていたよね。


池の公園のたくさんのわんこを可愛がってくれてたパパさん,

我が家のアンとパピも大事にしてくれて 本当にありがとうございました。


とても 寂しいけれど、

パパさんからよくしていただいたこと、忘れないです。 しっかりと 私たちも愛犬にも心に刻まれています。


十分がんばったクッキーくんのパパさん。


これからは 天国でゆっくりとしてくださいね。


そして、ご家族、クッキーくんのことを 天国から見守ってください。


たまに、池の公園の仲間たち  どうしてる?  楽しそう?  覗いてくれたら嬉しいな。


この場をおかりして、 心から感謝とご冥福お祈り申し上げます。























スポンサーサイト

最新記事

我が子1☆姉☆

我が子2☆弟☆

コメントをありがとうございます♪

リンク

カテゴリ☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。